沖縄でダイビングにトライ

一度だけ沖縄旅行した時に、体験ダイビングというものをオプションでつけました。 これはダイビングのライセンスを取ったりするものとは違い、あくまでも体験だけを行っているものですが、それでも潜る前にはしっかり講習的なことを行って、海の中でのコンタクトの取り方なども学ぶようになっています。

海の中では声を出しても伝わりませんので、身振りでコンタクトを取るようになっていますので、それらも基本的なジェスチャーができないと、危険なときにも対応することができないんです。 さらに重要だったのは、耳抜きというもので、水圧が変わったときに使うスキルが最初中々うまく行かずに苦労しました。

それが出来ないと海に潜る事すらNGになってしまうので、ゆっくりとできるようになるまで行います。 そういったことをまずリゾートのプールなどでしっかり学んでおき、そこから簡単なダイビングスポットへ向かいます。 ビックリしたのは機材が意外に重いこと。

これを担いでいくのはかなり体力が必要だなぁと思いましたが、いざ潜ってみると、海の中ではこれが逆に軽く感じるんです。 いつもは遠浅の海ばかり見てきましたが、深い海では遠浅にいる熱帯魚とは違いますので、これもまた貴重な体験になりました。

ただ深い海の場合、太陽の光があまり深く差し込んでくれないので、意外と海のなかを覗いても薄暗くてちょっとだけガッカリしてしまいました。 私の場合はこの体験のお陰で、自分自身の海の楽しみ方は、沖縄本島のリゾートにある自然な遠浅の海でシュノーケリングをすることが最良ということを再認識しました。 そういったも含めて、体験ダイビングをしたこともある意味プラスであったと思っています。

スポンサード リンク

沖縄で人が少ないビーチで泳ぎたい

このページの先頭へ