おすすめの3店

沖縄に来たら、とりあえずは行っておきたい場所といえば、国際通りです。国際通りって、ごちゃごちゃした繁華街で、お土産屋さんがずらーっと並んでいるだけでしょ、などと思われるかもしれませんが、まさにその通り。

シーサー、Tシャツ、ハブ入りのお酒、島ぞうり(ようするにびーちさんだるですが)、海っぽいもの、面白いもの、変わっているもの、すべてがずらーっと揃って、買ってもらえるのを待っています。

国際通りは、ゆいれーる県庁前駅付近で、長さは約1.6キロの繁華街です。戦後焼け野原だったところが復興しているということで、奇跡の1マイルとも呼ばれているとか。個人的にお勧めのお店は3店。

 お菓子御殿
1つは、御菓子御殿!1階はお土産ですし、なんかチープな感じの建物なのですが、店内の2階にあるレストランで食べることができる沖縄そばとジューシー(炊き込みごはん)はおいしく、お勧めです。お子様ランチには、御菓子御殿の人気お菓子、むらさきイモのタルトがついてきますよ。

尚、2階のレストラン 琉球ダイニング松尾は、沖縄の古民家をイメージしているそうで、なんとなく薄暗く、落ち着いた雰囲気。国際通りの喧騒に疲れたら、ぜひおすすめしたいレストランです。また、夜には島唄三味線生ライブが19時から1日2-3回行われます。気になる方は夜の国際通りを散歩しがてら、夕食をこちらでいただくといいです。

 新垣ちんすこう
2つ目のお店は、ちんすこうのお店。「新垣ちんすこう」の本舗となります。 ちんすこうはリーズナブルですし、沖縄の銘菓なのでお土産にはぴったり。こちらのちんすこう、実は首里城最後の包丁人と言われた新垣ちんすこうの始祖にあたる、新垣淑康が1908年に出店したという歴史のあるちんすこう会社なのですね。

オンラインショップでも買えますが、沖縄土産を何か…会社に配るものを…ご近所に配るものを…なんて方は、重さも軽いちんすこうをお勧めします。また、ちんすこう以外にも、ちいるんこう、千寿こう、闘鶏餃、花ぼうるなど、伝統菓子も買うことができますよ。

 リウボウ9階のレストラン沖縄菜園ビュッフェカラカラ
お腹がペコペコの方にお勧めしたいのが、国際通りの県庁前駅の上にあるリウボウ内のレストラン「カラカラ」。

何がお勧めかって、本当に和洋折衷、デザート、メイン、サイドディッシュ、いろいろな種類のボリュームのあるビュッフェが案外リーズナブルに楽しめるんです。実際ローカルの方も多いのですが、旅行者もぜひ、沖縄のビュッフェを試してみたいですよね?タコライスなんかもあって、沖縄らしさも味わえますよ。

いかがでしたでしょうか? 国際通り、実はじっくりいろいろ見てみると「これは!」というお店があったりするのです。夜は何の予定も入ってないなあ、そんなときは、国際通りを散歩してみるのも楽しいと思います。

スポンサード リンク

沖縄で人が少ないビーチで泳ぎたい

このページの先頭へ