空港から一番近い離島

 那覇空港から車で15分の瀬長島

瀬長島は、那覇空港の近くにある小さな離島。離島ですが、那覇空港から車で15分なのですぐに行くことができます。瀬長島に到着すると真っ白い建物がずらっと連なった商業施設「ウミカジテラス」が出迎えてくれます。 「ウミカジテラス」には、オシャレなカフェや雑貨屋などが道路脇に並んでいて、車の中から見るだけで思わず寄りたくなってしまうスポットです。

夏は、太陽の光が白い壁に反射し、カラフルなアイスクリームや飲み物が写真映えします。 尚、「ウミカジテラス」の一番上にはホテルの大浴場もあり、日帰り入浴も可能です。那覇空港から近いので、入浴してから帰ってもいいかもしれません。

また、空港が近いことから離着陸する飛行機を眺めることができますし、真っ青な海を見ながらカフェタイムを満喫することができます。 那覇空港に着いたら観光地に出発する前に立ち寄ってみてください。

首里そばは食べてほしい

那覇には瀬長島以外にも是非、訪れてほしいスポットがあります。 そんなスポットをご紹介します。

 琉球王朝のお城、世界遺産の「首里城」

「首里城」には那覇空港からレンタカーを借りて1時間弱で着きます。 実際、私が「首里城」に行ったときは「首里城」の付近にある駐車場はどこもいっぱい。 ちなみに、「首里城」付近の駐車場は少ないため、結局、「首里城」まで歩いて15分もかかる場所に停めることにしました。

そして、その駐車場から15分歩いて、「歓会門」をくぐり、順路に沿って見学しました。 尚、見学ポイントごとに記念のスタンプを押す場所があります。 首里城は、1時間もあれば回ることができます。

そして、首里城を見学した後は、そば屋「首里そば」で首里そば(沖縄そば)を食べてください。 そば屋「首里そば」は首里城から約1㎞行った自然がいっぱいで静かな住宅街の中にあります。 尚、外観は普通の家のようで、小さな看板しかないので見落とさないようにしてください。

店内に入ると、日の光がよく入ってきて明るく、温かみのあるアットホームな雰囲気です。人気がありお客さんも多いですが、回転も早くそんなに待つことなく店内に入れました。 実際に行ったときは、首里そばと一緒に沖縄の炊き込みごはんであるジューシーを注文しました。

左:ジューシー 右:首里そば

首里そばは手打ちで少し固めの麺で、歯ごたえがあります。汁はあっさり。そばの上にのっている三枚肉は甘辛いしょうゆベースでしっかり味が付いています。ジューシーもあっさり目で、食べやすくなんとなく懐かしい味です。重くないのでいくらでも食べることができちゃいます。 リピートして食べたくなるそばです。

 沖縄一番のの繁華街「国際通り」

沖縄で一番有名な観光地といえば国際通り。多くのお店がひしめき合うこの通りは、いつ行ってもたくさんの人で賑わっています。可愛い今風の雑貨屋さんに昔ながらのお土産屋さん、ここに行けば、欲しかったお土産物のほとんどが揃ってしまします。 国際通りは帰る直前にお土産を買うために寄るのがいいでしょう。

沖縄で人が少ないビーチで泳ぎたい

このページの先頭へ