野菜や果物を食べるようにしよう

「沖縄に行ってから紫外線対策をすればいいでしょ」って思っていると、沖縄から帰ってきたら大変なことになっているかもしれません。 沖縄は他の地域に比べて紫外線の強さが半端ないです。 ちなみに、「夏だけ気を付ければいいでしょ」っていうのも危険です。 実は、紫外線は夏が一番強いのではなく、春先が一番強いのです。

従って、夏以外に沖縄に行く場合でも、沖縄に行く前から紫外線対策をする必要があります。 それでは、どうして沖縄に行く前から紫外線対策をしなければいけないのでしょうか? それは、実際に沖縄に行って紫外線を浴びたときに、紫外線が肌に蓄積されなようにするためです。 これは、沖縄に行く1ヶ月前(最低)から対策することで紫外線が肌に蓄積されにくくなります。

それでは、「どんな対策をしたらいいのか」と言いますと、抗酸化作用のある食品をたくさん摂り入れるようにすればいいのです。 抗酸化作用とは紫外線を肌の内部から守ってくれることです。 そして、この抗酸化作用がある食品を手軽に摂ることができるのが野菜や果物なのです。 野菜や果物ならどんなものでも抗酸化作用はあります。

ただ、今回はしっかり紫外線対策をしたいので、特に抗酸化作用が強いビタミンCがたくさん含まれている野菜や果物を食べるようにしてください。

野菜なら、ほうれん草、かぼちゃ、小松菜、ピーマンなどの緑黄色野菜を食べてください。
果物なら、いちご、キウイ、りんご、オレンジなどを食べるようにしてください。

ここで、上記の野菜や果物を食べるときに気を付けてほしいことがあります。 それは、たくさん摂取するようにしてください。 少しぐらい食べても、紫外線対策は不十分です。 そこで、上記の野菜や果物を一度にたくさん摂るために酵素ドリンクやグリーンスムージーなどを利用するのがいいです。

具体的には、沖縄に行く1ヶ月前から酵素ドリンクやグリーンスムージーを朝と夜に1杯ずつ飲むようにしてください。 そうすれば、沖縄から帰ってきてもシミができるという心配はありません。 シミを作らないためには、事前の紫外線対策が重要になります。

沖縄で人が少ないビーチで泳ぎたい

このページの先頭へ