ラフテーとチャンプルーは食べてほしい

どうしてもリゾート気分で沖縄に行くと、リゾートだけで旅行を終らせてしまいがちですが、せっかくなので、先に食事のお店などはあらかじめリサーチしておいて、是非沖縄の名物料理を食べて欲しいと思います。

よく聞くものは沖縄そばというものですが、それ以外にもたくさんの郷土料理がありますので、そういった郷土料理のお店に行くのがお勧めです。

 ラフテー

美味しい郷土料理といえば、「ラフテー」。 ラフテーは豚肉のバラ肉を醤油ベースの味付けでことことと煮込んだ食べ物で、本州でいうところの豚の角煮のようなものですが、ラフテーは角煮よりもっとボリュームがある感じですね。 ただ豚の角煮のようなものと聞くと、「油が凄いんじゃないか?」と考えてしまいますが、意外にあっさりとして美味しい食べ物です。

 チャンプルー

やっぱり外せないのは「チャンプルー」ですね。 「チャンプルー」はゴーヤ、豆腐や後ほど紹介するスパムなどが入った炒め物ですが、お店によって味が違う面白い食べ物です。 ちなみに、シュノーケリングで沖縄に行く際は、地元のスーパーに寄って、お惣菜コーナーにあるチャンプルーのお弁当を買うのが楽しみになっています。

 スパム

スパムは商品名で、他にもチューリップなどの名前でも売られていることもあります。 ハムのような、ソーセージのような肉を加工した食べ物で缶詰で売られています。 とりあえず、美味しい肉料理です。(笑)

スパムはさまざまな料理で使われる食材ですが、目玉焼きと一緒に焼いてもよし、上で紹介したのゴーヤチャンプルーに混ぜてもよし、おにぎりの具にしてもよし。 特に、甘い卵としゃきしゃきレタス、しっかり焼いたスパムと少しのケチャップをご飯に挟んで海苔で包むスパムおにぎりが一番好きです。

 てびち

「てびち」は豚足を煮込んだものです。 沖縄では、「てびち」はおでんに入れられていたり、甘辛く味付けされて焼かれていたり、から揚げにしたりするのですが、どれもおいしいです。ちなみに、煮込み、焼き、揚げそれぞれ、味が異なります。 なので、いろいろな調理方法で作られた「てびち」を食べてほしいです。 特に、おでんに入っている「てびち」はあっさり味なので一番のおすすめです。 女性にうれしいコラーゲンもたっぷり入っています。

スポンサード リンク

沖縄で人が少ないビーチで泳ぎたい

このページの先頭へ