シュノーケリングが楽しめるビーチリゾート

今帰仁村

シュノーケリングすることが目的の場合、お勧めのビーチリゾートは、かりゆしビーチリゾート、本部界隈の小さなリゾート、今帰仁(なきじん)のベルパライソが個人的にはいいと思います。

これらの場所のビーチは、自然のままの状態のため、海に住んでいる生物がほとんどそのままの状態ですので、遠浅な海を泳ぎながら移動して、キレイな熱帯魚などを見つけることがとても簡単なのです。

なかには海のなかだけに住んでいるヤドカリがいたり、珍しい熱帯魚に遭遇することができる場合もありますので、毎日同じ場所の海で泳いでいても、いつも違った感動があるのが海のいいところです。

ハコふぐやミノカサゴに出会ったときにはほんとうにビックリしましたし、かなり感動しました。

ただしこれらの魚たちも危害を加えられると思うと、攻撃してくる場合がありますので、出会ってもむやみに追いかけたりつついたりすると意外と危険です。

他にも知らない間に体をつついてくる魚がいたりもしますので、熱帯魚たちも結構アクティブに近づいてくるということを初めて認識しました。

遠浅な海の場合は、小さなお子さんでもシュノーケリングの真似事をすることは充分できる上、ひざ程度の水位の場所でもネオンテトラなど青くて小さなかわいいお魚がたくさん見られますので、きっと大喜びしてくれると思います。

本州の海でシュノーケリングにて見ることができる魚は食卓に登っているような青魚的なものばかりですが、沖縄の熱帯魚はカラフルで圧倒されます。

こういった体験をすることで、子供さんも命の大切さを学んだり、自然の素晴らしさを知ってくれたら、とてもいいことではないかと思っています。

スポンサード リンク

沖縄で人が少ないビーチで泳ぎたい

このページの先頭へ